絵本での教育について

日本における教育改革の考え方 子どもに対して絵本を読んであげたいけれども何歳くらいから読んであげたらよいのか、またどのような絵本を読めばよいのか、真面目なお父さんお母さんたちは悩むところだと思います。結論を言えばまず何歳からでもよいです。0歳1か月のねんねの時期だろうが早いことはないです。親御さんの声は赤ちゃんの耳にはとても心地よいです。話すことが苦手な人ほど絵本を読んであげた方がいいかもしれませんね。

絵本を読むことは発音、発声の予備知識にもなりますし、情緒的なものから記憶力にいたるまでとっても教育に良いことばかりです。情緒的に良い本とはどのようなものなのか、迷ったときは昔話やおとぎ話が良いです。なぜならば必ずや教訓が入っているからです。今の時代にはそぐわない内容かな、と思う事もあるかもしれませんが、そんなことはありません。今の時代との違いを教えることも出来ます。また、ベストセラー本も良いでしょう。万人に通じる感性を養う事が出来ます。みんなに読まれる本にはそれなりの良い理由があります。

年齢に合わせて絵本を変える事も良いでしょうし、ちょっと戻って1年前に読んでいた絵本を読むのも良いです。絵本を読む習慣をつければ、大きくなってから一人で読書することも苦で無くなります。

注目情報

Copyright (C)2019日本における教育改革の考え方.All rights reserved.