日本の学校教育と個性や段階

日本における教育改革の考え方 日本の義務教育では、早熟な子供たちが非常に有利になっています。表面的には平等ということが言われていますが、現実には、どの学校を卒業したかで、派閥などができたり、ランクが決まったりします。また卒業の後のコースも決まってしまいます。もちろん自力で成功する人もいますが、そのような人は少ないのが現実です。それぞれの教育の過程で、将来も決まってしまう、社会的な地位や、結婚でも出会う人が同じ階層の人になるということにもなっています。

もちろんそうでない人もいますが、そもそも結婚でも出会いができません。本来非常に良い相性だったとしても、それぞれの階層が違ってしまうと、出会い自体ができないということにもなります。そうなると教育の場も限られますし、知識も限られます。そしてその子供たちも、同じ階層で生きていくということで、貧富の差も出てくるということになります。

それぞれの国で、それぞれの条件で、そうならざるを得ないのかもしれませんが、やはりあまりにも早くコースが決まってしまう今の状態は、社会集団としても、人材のもったいない使い方ということになります。そのような意味でも、個性が生きてくる多方面で活躍できる人材をプールできる教育ということが重要ではないかとも考えてしまいます。

注目情報

Copyright (C)2019日本における教育改革の考え方.All rights reserved.