日本の学校教育と実利の勉強

日本における教育改革の考え方 日本の学校教育を日本人のほとんどが何らかの形で体験しています。その点は非常に文化程度の高い国が日本であり、昔からの伝統で、それらの教育が行われているということですから、その点は非常に良い国であるということになります。世界では初等教育も受けられない国はたくさんありますし、教材ははおろか、鉛筆やノート、黒板などまで利用できない子供たちもたくさんいるということで、その点では日本の子供たちは非常に恵まれているということができます。

しかし、そのような比較だけで満足をしているわけにもいかないのが教育ということですが、今の教育制度や教育内容は、どうもおかしくなってきているというか、方向性が形に流れているような感じも受けます。もう少し何とかならないのかということですが、問題やトラブルばかりで、荒廃という印象も非常に受けたりします。その中でも実利の教育が少なすぎるようにも感じます。

本来は世の中に出てから役に立つ教育をするのが、学校というところです。それははるか昔の時代からそうなっています。しかし義務教育という制度の中の日本は、どうも形の中だけの知識というかパターンを教えているだけのようにも感じます。あることを学んだから社会に出て役に立ったということが、あまりにも少ないということも感じます。その点をもう一度考え直す時期かもしれません。

注目情報

Copyright (C)2019日本における教育改革の考え方.All rights reserved.